教育理念・方針

子ども達の心の自由を尊重し、学校教育法、幼稚園教育要領に基づき教育を行い、子ども主体の保育をおこなう。家庭、地域、社会との一体化を図る。

教育目標

気力・体力・豊かな心を育てる。

幼児期の発達において、「心の成長」と「身体の成長」は切り離せません。たくまし心を育てる上で大切な第一歩は「やってみたい!!」と思う意欲から始まります。意欲は「生きる力」につながっていき、成功と失敗を繰り返し心と体は成長しています。体力・運動能力を育てるためにカリキュラムを見直しながら3歳児・4歳児・5歳児の発達を促していく保育をしています。豊かな表現力を育てる事は、豊かな心を育てる事につながります。大人のなってからの表現活動の手段は言語が中心ですが、子どもは様々な表現能力をもっています。音楽的表現能力、絵画的表現能力、言語的表現能力、身体的表現能力などさまざまです。子どもの内面的な才能を育むには、結果重視では育たないばかりか、伸びる芽を摘んでしまいます。子どもの表現を認め、褒め、適切な指導を行っていく教育を実践しています。

人間形成の基礎を育てる。

入園したばかりの幼児は、少子化現象に伴いひとりっこであったり、大人の中で大事に育てられ、わがままだったり子ども同士で遊べない子だったり、言葉の遅れている子などさまざまです。しかし幼稚園という子ども社会の中でお互いに揉まれあい葛藤し、それをのり越えて育っていきます。大人は子ども同士がぶつかり合う前に止めたり、必要以上に援助してしまいがちです。幼稚園では子ども同士のかかわりあいの中で、お互いの心や身体の痛みを知り、お互いの気持ちを察する事ができるやさしく、思いやりの心が育つように教師は指導・援助していきます。

自ら考え、自ら判断し、行動出来る子を育てる。

思考力・創造力・判断力を育てなければならない事は広く周知するところですがそれは、急速に脳が発達する幼児期から培っていかなければなりません。保育の様々な場面で子どもの『気づき』を待ち、『発見』を喜び合いながら教師とともに歩み続けています。村野小鳩幼稚園では教師が子どもに掛ける声掛けをとても重視しています。子どもが自ら考え、判断できるような声掛けが出来るよう、ねらいと内容をもって声掛けをしています。

以上の事をとおして幼児が自ら学びゆく力が育つよう個々の特性に応じて指導・援助していきます。

保育の特徴

遊びを大切にした保育

幼児期の学習は遊びの中にあります。当園では遊びを大切にしています。一人遊び、ルールのある遊び、ごっこ遊び、砂遊び、はだし遊び、みず遊び、泥遊びなど子どもの遊びは無限でその中で多くのことを学んでいきます。 その中でも手、足の裏で感じる感覚遊びは子どもの脳の発達を促します。暖かい日ははだし遊び、どろ遊びを取り入れています。

体力づくりに力をいれた保育

ラックスポーツクラブにて体育指導を専門に学んだ講師によって、マット運動、跳び箱、鉄棒、平均台、ボール運動、縄跳びなど楽しく動くことを主眼に指導をおこなっています。また、年中、年長児でおこなう組み立て体操では、協調性、忍耐力、達成感など培っています。夏期は週3回プール指導もおこなっています。  

歌ったり、踊ったりすることを大切にした保育

音楽リズムの指導をする時間をもうけ、ゲームをしたり、歌ったり、からだを動かし音の速さ、長さを学んでいます。保育の中で週に1回音楽指導の時間をもうけ、ピアニカで知っている曲を吹いたり、たいこ、シンバル、木琴にも触れ音楽で表現する喜びが味わえるよう保育をしています。

マーチングを取り入れた保育

音楽で表現する楽しさを培っていくうえでマーチング活動を取り入れています。いろいろな楽器、音にふれ、友達と力を合わせ音楽を作っていく楽しさ、難しさを感じながら協調性、忍耐力、努力を培い達成感を味わう事が出来るような指導をしています。時代の変化とともに子どもたちが「協調性」「忍耐力」「努力」を学び経験する機会、環境が減ってきました。しかし子どもたちが社会に出て働く時、人間関係を築いていくうえでとても重要になってきます。この力は幼少期から培っていく必要があります。また敬老会、ドリームカーニバル、運動会、お遊戯会で発表する機会をもうけています。たくさん発表する経験を重ねる事により、大人になっても人前で堂々と話ができたり、会議などで発表することのできる力(度胸)につながっていきます。  また課外活動として毎週水曜日の保育後11時30分から15時30分までマーチングクラブ活動をおこなっています。11月に東京大会という大会に参加ています。

創作意欲を大切にした保育

心の表現である絵を描く事や空き箱で創意工夫をして自分の思いを表現する事も子どもたちにとっては大切なことです。

異文化に触れることを大切にした保育

近年小学校でも英語教育が取り入れられるようになってきました。時代とともに英会話の能力の重要性がたかまってきました。子どもたちが成人するころには英会話ができて当たり前の時代になっていることでしょう。2週に1回英語教師をまねき、「英語で遊ぼう」をテーマに英語教育を導入しています。  

「なぜ?」「どうして?」を大切にした保育

大人にとっては当たり前の事や疑問に思わない事でも子どもにとっては「なぜ?」「どうして?」と思う事ばかりです。年中から卒園までの2年間で12回のカリキュラムで科学遊びを取り入れています。専門講師2名が子ども達の身近にある疑問に思うことを教材を使って自ら気づき、発見できるような指導をおこなっています。  

自ら考える事を大切にした保育

普段の保育の中や様々な活動の中で子どもたちが考える事が出来る声掛けをしています。  

行事を大切にした保育

生活の節目にある年中行事や、保育活動の節目にある保育行事、保護者の参加する行事を大切にし、子ども自身が楽しく関われるような配慮をしています。また子どもたちは一つの行事を終えるとやり遂げたという満足感を味わい、自信と強さをのぞかせます。

子どもたちが大人になった時「あぁ、幼稚園の時こんな事あったなぁー」と思い出に残る生活
・・・・それが村野小鳩幼稚園の行事です。